ホーム > 交通事故治療 > 接骨院と病院・整形外科の選び方

接骨院と病院・整形外科の選び方

もし交通事故にあったらどこで治療を受けますか?

交通事故に遭遇することは一生に何度もないかと思います。ですので、当院に交通事故治療で来院される患者さまから「どこに治療を受けに行けばいいのか分からなかった」とのお声をよく頂いたことがありました。
こちらでは、院長が事故に3度遭った経験を踏まえて交通事故に遭ったときにどこに治療・通院に行くべきなのかを3つのポイントをお伝えします。

POINT1 国家資格保持者の治療機関

まず初めに、病院、整形外科、接骨院、鍼灸院、整体、カイロなどの中でも専門的な知識及び技術を要する「国家資格保持者」のいる治療機関を選択されることをオススメします。
というのも、国が認可した治療機関で治療を受ける場合、健康保険・労災だけでなく自賠責保険や任意保険などの各種保険の適用も受けることが出来るからです。

国家資格民間資格
  • 病院・整形外科:医師免許
  • 接骨院・整骨院:柔道整復師免許
  • 整体院:整体師
  • カイロプラクティック院:カイロプラクティック師

POINT2 通院目的や状況によって通院先を選ぶ

POINT1で国家資格保持者の治療機関を選択されることをオススメしましたが、次は国家資格保持者のいる治療機関の中からどの治療機関に通院するのが良いのか考えることが必要です。
例えばですが、病院(整形外科)と接骨院にはそれぞれ得手不得手があるためどちらに通院した方が良いということは一概に決められません。通院する目的を明確にした上で、ご自身の状況や怪我の症状に合わせて下図を参考に通院先を選ぶことが大切です。

 病院整形外科接骨院
検査・画像診断
レントゲン検査など
×
症状の把握
投薬×
電気治療
物理療法
手術×
むち打ち症
(頚椎捻挫など)の治療
××
リハビリ
待ち時間の長さ
※各院によって異なる場合もあります
長い長い、普通短い
診療(治療)時間の長さ××
保険の取扱
(自賠責・任意・労災など)
保険手続きの対応××

POINT3 通院を続けること

仮にPOINT1、POINT2に当てはまる治療機関に通院をしようと思われたとしても、ちょっと待って下さい!!
私自身3度交通事故に遭い、その都度交通事故の治療を続けるにあたって通院を続けることが非常に大変でした。なぜなら、通院を続けるには「時間」と「根気(モチベーション)」が必要だからです。
「時間」について少しお話しましょう。
通院するには、

1)通院先までに行く時間
2)治療を受けるために待つ時間
3)治療にかかる時間
4)病院・整形外科の場合であれば処方箋にかかる時間
5)帰宅する時間


の時間が必要になります。
週に2~3回以上通院する方は交通事故に遭うまでのライフスタイルとかなり変わるでしょう。

また、良い治療が受けられる治療機関だった場合でも、必要期間の通院が出来ないようであれば症状が改善されるのも改善されません。
事故に遭遇した結果まともに仕事が出来ない患者さまもいらっしゃるかと思います。通院した期間や実治療日数によって慰謝料や休業損害費が算出されるため、そういった意味でも通院を続けられることをおすすめします。
ですので、通院先を選ぶ上で、「継続的に通院できる」ことが重要です。

通院しやすい治療機関
  • 駐車場がある
  • 夜遅くまで診察をしている
  • 待ち時間が短い
  • 土曜日も診察している

わだ接骨院の診察時間はこちら
を御覧ください。