ホーム > スポーツによるケガ > スポーツ種目別メニュー

スポーツ種目別メニュー

サッカー

肉離れや捻挫、疲労骨折

肉離れや捻挫、疲労骨折などがサッカー選手に多くみられる怪我です。

捻挫は早期での対処が早期回復につながりますが、肉離れや疲労骨折などは長期化する可能性があります。
また、中学生や高校生の時期の怪我は、部活動をやっていた自分も実感していますが、お医者さんに「安静にしてください」と言われても、特に団体競技であればあるほど休めるほどシンプルな問題ではないように思います。
藤枝市のわだ接骨院では、スポーツを継続しながら治すのか、しっかり休養して治すのか、患者さんの意思を尊重した上で治療やトレーニング、ストレッチの指導の内容を決定します。

バスケットボール

バスケットボール

足首の捻挫や突き指、手や指の骨折、疲労骨折、腰椎分離症(すべり症)などがバスケットボール選手に多く見られる怪我です。

リバウンドやシュートの時のジャンプの着地の際に足を捻ったり、ボールのキャッチミスをした際に突き指やひどい場合には骨折になってしまったりするケースがあります。
このような場合は、即座にアイシングをするなど早期の対処が不可欠です。

陸上

陸上選手

シンスプリントや疲労骨折、ランナー膝、オスグットなどが陸上選手に多くみられる怪我です。
どれも発症した場合にとすぐに治療ができるものではありませんので、長期間怪我と向き合いながら競技をする必要があります。

病院や整形外科で上記の診断を受けられた方は、わだ接骨院までご相談ください。

野球

野球肘と野球肩

野球肘と野球肩が野球選手に多く見られる怪我です。
特に上記の症状は、野手より投手によく見られます。投球動作を何度も繰り返すことで肩・肘付近の組織に炎症が発症しますが、投球フォームに問題があることが考えられます。

また、肘の内側からの痛みを伴う野球肘の場合、剥離骨折の可能性があるため、このような症状が見られたら早い段階で医師もしくはわだ接骨院にご相談下さい。

バドミントン

バドミントン

アキレス腱断裂、捻挫、テニス肘(肘の内側)がバドミントン選手に多く見られる怪我です。
アキレス腱断裂は、シャトルを追うために後方へ下がろうとした瞬間に発生しやすいのが特徴です。
また、体の向きを変えようとする瞬間的な動作の時に足首の捻挫になってしまうケースもよく見られます。

その他のスポーツ

その他のスポーツとしては、
卓球やソフトボール、バレーボール、テニスなどをされている方も当院にご来院頂いております。

テニスやバレーなどをされている方は、腕より頭を高く上げる動作が多いため、腱板炎になりやすい特徴があります。この腱板炎とは、一般的に野球肩と言われるものであり、主な症状は肩の痛みです。
テニスをされている方は、テニス肘やテニス肩と言われる怪我が多く見られます。
腱板炎は使い過ぎ(オーバーユーズ)によって引き起こされます。休めることが一番の治療ですが、休息が難しい場合は対処法を提案、アドバイス致します。

バレーボールをされている方は、ボールをブロックする際に突き指やスパイク・ブロックの着地の際にバランスを崩してしまい足首を捻ったり、筋肉や筋膜の肉離れや使いすぎによる腰痛・ヘルニアなども見られます。

卓球をされている方は、前後の急激なフットワークの際にアキレス腱が断裂したり、スマッシュ・ドライブを何度もくり返し行うことによりテニス肘・卓球肘が見られます。

いずれも早期での対処によって、早期回復や症状を改善することが可能です。
スポーツ外傷・障害でお悩みの方はわだ接骨院に一度ご相談下さい。

わだ接骨院のスポーツによるケガの治療の流れはこちら>>